ダイエットをすると保水力が落ちる可能性があるので、注意してください。 健康的なダイエットであれば問題ないですが、過度なダイエットは健康にも良くないですし、肌にも良くありません。 過度なダイエットをすることで、血流が悪くなったり、新陳代謝が悪くなります。 また、肌荒れを引き起こし、ボロボロの肌になってしまうこともあるでしょう。 そうなってしまうと、保水力も必然的に低下してしまい、潤いのないカサカサ肌になってしまいます。 そのため、ダイエットは、慎重に行うようにしましょう。 最も保水力を低下させるのは、食事を極端に制限するダイエットです。 カロリーを考えて、栄養バランスの良い食事を心がけるなら、全く問題ありません。 しかし、1日1食しか食べなかったり、特定の物しか食べないといったダイエットは、肌状態を悪化させます。 確かにその方法であれば痩せるかもしれませんが、体調を崩す可能性が高いですし、保水力も大幅に落ちてしまいます。 食事だけで痩せようとせずに、体を動かすことも非常に大切です。